ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 西五百川小、伝統のすもう大会

西五百川小、伝統のすもう大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月6日

 6月4日、西五百川小学校で伝統のすもう大会が開催され、児童たちが熱戦を繰り広げました。

 町で、すもう大会が開催されているのは西五百川小学校のみ。毎年地域の方と先生方が指導にあたり、児童たちは毎日のように練習を繰り返して、本番当日を迎えます。

 競技は1・2年生、3・4年生、5・6年生の各部門で行われる「一本勝負」と「3人勝ち抜き戦」。全児童が東軍西軍に分かれ、勝ち星の数で点数を競います。中でも校庭備え付けの土俵で行われる高学年の迫力ある取組みは大いに盛り上がり、相手に負けまいと歯を食いしばる様子に応援にも力が入りました。そして取組の大一番は5・6年男子幕下、三役同士の一本勝負。両者白熱の取組みを繰り広げ、熱戦を制したのは西軍となりました。

 優勝旗を手にした横綱が勝ちどきをあげると、児童たちはお互いの健闘を笑顔でたたえあい、喜びの声をあげていました。 

 

001

   大会は午前8時50分に開会。まずは土俵を清め…  

 

002

 土を踏み、固めます    

 

003

 行司と呼出の衣装も本格的  

  

005

 呼出が土俵を一周し、力士を高らかに呼び上げます 

 

 006

007

 高学年女子の試合。豪快な投げ技も飛び出し、男子顔負けの試合ぶりでした

 

008

 009

 低学年の取組みも真剣そのものです  

 

011

 試合も終盤。こちらは化粧回しをつけた幕下力士の土俵入り 

 

 012

 つづいて、東の横綱の土俵入りと…

 

013

 三役そろい踏み 

 

013 

 西の横綱も土俵入りし  

 

014

  両陣営とも気合十分です

 

 014

  大一番、気合いを入れて塩をまく東西横綱  

015

017

 勝負あり! 西の横綱に軍配が上がりました

 

018

 最後は「弓取り」

 

019

 りりしい弓使いを披露しました

  

020

 今年の優勝旗は西軍に。横綱の勝ちどきに皆が沸き立ちました

021

 各部門の優勝者には「梵天」とよばれる特別な竹筒が贈られます

 おめでとうございました!

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。