ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 町の地酒 豊龍蔵を訪ねるツアーを開催

町の地酒 豊龍蔵を訪ねるツアーを開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月26日

001

  町エコミュージアム案内人の会が主催する「朝日町ふるさとミニ紀行 豊龍蔵を訪ねる」が2月18日に行われ、町内外から21人が参加しました。
 町唯一の酒蔵で、地酒「豊龍」を始めとする日本酒を醸造する鈴木酒造(鈴木和香子社長/大町)。今の酒造は機械制御による管理が一般的ですが、こちらでは昔ながらの手仕事にこだわった丁寧な酒造りを行っています。
 当日は酒造の工程を収録した映像で予習した後、酒蔵を訪問。使う道具や材料、酒造りへのこだわりなどを杜氏の成原健太さんにお話しいただきながら、興味深く歩きました。
 ツアーの最後には、搾りたての生酒や甘酒の試飲、利き酒ゲームなどを実施。数種類の飲み比べを楽しみ、ほろ酔い気分で蔵を後にしました

 

002

 案内人の会主催のツアーの中でも人気のツアー。参加定員いっぱいの満員御礼です

002

 酒蔵を訪ねる前に、酒造の工程を映像で視聴します

    

003

 蒸した米に麹菌を振って冷まし、タンクまで運ぶ様子

003 

 実際の作業は時期的に見ることができないので、ここでしっかり勉強します

 

004  

 解説してくれたのは鈴木酒造の鈴木和香子社長

004

 屋号の「以津美屋(いづみや)」と、通り名の「マルシメ」が入った看板の羽織を披露してくれました 

  

 005

 映像で予習した後は、いよいよ酒蔵へ出発!
 この日は雪が舞う寒い日でしたが、皆さん徒歩で元気に向かいます

005

 鈴木酒造の建物が見えてきました。屋根からは米を蒸す蒸気が

005

 無事到着。こちらが朝日町唯一の酒蔵「鈴木酒造」です 

 

006

 軒先には、新酒が出来たことを知らせる「杉玉」が出ていました。
 まだ青々としたきれいな緑です

006

 風情があって素敵ですね 

 

007

 中に入ってみると、そこには様々な道具や機械が…

007

 杜氏の成原さんの案内で、蔵を歩かせていただきました

   

008

 地下水で米を洗う洗米機 

 008

 洗った米は大鍋で蒸されて…

008

 この大きな機械で広げて冷まされます

008

008

 この部屋で米と麹菌とが混ぜられ…

008

 奥のタンク室で発酵が進められます 

 

009

 できたお酒は、こちらの機械にかけられて搾りだされます

009

 今まさに搾りたての日本酒。透き通ってとてもきれいです
 辺りにはお米の甘い匂いが漂っていました 

 

010

 お待ちかね、できたての生酒を試飲させていただきます

010

 「おいしい」「飲みやすい」と顔がほころぶ参加者の皆さん  

  

011

 町のおいしいお米と水で丁寧に、おいしい地酒がつくられています

 鈴木酒造の皆さんの人柄のあたたかさに触れ、大満足のツアーでした

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。