ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 「越後之島」が誕生 大沼浮島「島まつり」

「越後之島」が誕生 大沼浮島「島まつり」

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月23日

012

大沼の浮島伝統の「島まつり」が7月19日、同所で行われました。

白鳳9年(681年)、山岳修験行者、役小角(えんのおづぬ)によって発見された「大沼の浮島」。その後、弟子の覚道(かくどう)によって浮嶋稲荷神社が建立されると、鎌倉時代以降は大江家、最上家など歴代領主の祈祷所として手厚い保護を受けてきました。

村全体が幕府の朱印地(※1)になった江戸時代以降は、徳川将軍家の庇護を受け、祈祷所として幕府及び同家の安泰を祈願。別当(※2)である大行院は6年に一度(丑年と未年)、歴代の将軍に謁見して御守札を献上し、時服(※3)を拝領するのが通例でした。

 大沼の浮島は泥にヨシなどが生えてできた大小様々な「島」がシンボルですが、かつては島の動静によって吉凶を占ったそう。「島まつり」とは年に一度湖畔から新たに「島」を切り出す神事で、新しい島はその年の吉方位にちなんだ旧国名が名づけられます。

 西南西が吉方位の今年は、同神社の宮司によって「越後之島(えちごのしま)」と命名され、来賓として出席した吉村知事が木札に名称を揮ごう。木札を立てられた島はその後、氏子らの手により湖面中央に浮かべられました。

※1 朱印地…江戸時代に幕府・大名より神社・寺院の領地(寺社領)として安堵(領有権の承認・確認)された土地のこと

※2 別当…寺社で執務を統括する者

※3 時服…朝廷や将軍などから賜る衣服

001

大沼を訪れた吉村知事。出身は大沼から山を一つ越えた大江町の七軒地区。

直線距離で約5キロの大沼は小学校の遠足で訪れたことがあるそうです。

002 

島まつりを前に、大沼浮嶋稲荷神社に参拝

001

シンボルの鵲(かささぎ)橋では、鯉の餌づけを楽しみました

004

島まつりの神事は湖畔の広場で行われ…

005

浮島稲荷神社の宮司(右)や・・・

006

多くの地区のみなさんが出席

00

お祓いが行われ、祝詞(のりと)が読み上げられたあと・・・

007

吉村知事自ら新しい島の名称を揮ごうしました

008

出来栄えに笑顔を浮かべる吉村知事と同区の小林晴雄区長

009

その後、浮島雅楽保存会の音色のもと

010

関係者が玉串を捧げ、地区の繁栄や無病息災を祈願しました

011

知事が揮ごうした木札は新しい島に立てられ・・・

012

氏子により沼の中央へ浮かべられました

013

沼の桟橋に至る道は今年3月、階段状に整備されとても歩きやすくなりました。

餌づけ用のエサは無人で販売されていて、いつでも気軽に楽しむことができます。

歴史ある修験の地大沼にぜひ足をお運びください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。