ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 紅葉の高田山 ブナ林探索会

紅葉の高田山 ブナ林探索会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月25日

 001

  10月22日、朝日町ふるさとミニ紀行「紅葉の高田山ブナ林探索会」が行われました。

 高田地区の住民が主体となり、8年前から毎年6月に開催し、好評となっているブナ林探索会。紅葉の季節にも散策を希望する声があり、昨年からこちらは町エコミュージアム協会主催で開催しています。

 当日は気持ちの良い秋晴れで、絶好の山日和。一行は町エコミュージアム案内人の会の佐竹啓次さんと高田区長の鈴木滿さん、副区長の高山文男さんのガイドで進みます。

 道中には、大きな「ヤマナシの古木」や「昔の炭焼きの跡」、山賊が昔おそった人を捨てたという伝説が残る「地獄沼」や「修験者の道」などがあり、参加者からは「へえ~」「すごい」と感動の声があがっていました。

002

 探索コースや看板も手づくりで、高田区の皆さんが協力して維持・整備しています

003

 いざ、しゅっぱ~つ!

004

 見上げるほど高い、ヤマナシの大木。

005

 道中のガイドに熱心に耳を傾ける参加者

009

014

006

 道中でみつけたキノコを撮らせていただきました

007

 山のアワビとも称される「ムキタケ」です。肉厚でおいしそう!

008

 倒木にびっしりとコケが生えているものがそこここにあり、とても綺麗でした

010

 ブナの幹にひっかき傷が。まさかこれは……

011

 この辺りはクマの通り道になっているそうで、木に登ったあとの手形がしっかり残っていました

012

 山頂には展望台が2カ所整備してあり、こちらは「東展望台」からの景色

 宮宿地内の街並みが一望できます

013

 こちらは「西展望台」。標高が同じだというAsahi自然観と、その奥には大朝日岳が見えます

 「11月のはじめに大朝日に冠雪がある。すると手前の紅葉と、自然観と、大朝日のコントラストが絶景なんだ」と案内人の佐竹さんは誇らしげに語ります

015

 下り道は急なので、ロープ伝いにゆっくり下りていきます

016

 参加者の皆さんで記念撮影。楽しい1日でした

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。