ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 音楽フェスと住職のちょっとイイ話!「寺フェス’14」

音楽フェスと住職のちょっとイイ話!「寺フェス’14」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月2日

尚高さん01

寺フェス

 朝日町制施行60周年記念事業の一つで町民自主企画補助事業に採択された「寺フェス’14」 が5月31日、若宮寺(八ツ沼/登坂盛高住職)にて開催されました。

 昨年初めて開催され大盛況となった音楽フェスティバル「寺フェス」は、住職の孫で、都内でフォークシンガーとして活動している登坂尚高さんが主催のイベントです。

 「地元の人たちに音楽とふれあい、楽しんでほしい」という思いで企画された手作りのイベントは、ライブ出演者やスタッフ、今回から新しく併設されたフードコーナー、アートの展示にいたるまで尚高さん自らが声掛けをして実現したもの。他にも山形駅からの往復バスチケット付き前売り券の販売や近隣の駐車スペースの確保など、交通の便も考慮され、より参加しやすいイベントにしようと努力されています。

 当日は天気にも恵まれ30度を超える真夏日でしたが、高台にある若宮寺の本堂は涼しく過ごしやすく、来場したお客さんは皆リラックスした様子でした。

 午後1時から7時30分までたっぷり6時間半のイベントには町内外から約120人もの人が訪れ、ロックからフォークソング、ギターパフォーマンスなど様々なジャンルの音楽に浸ったり、高典副住職によるちょっとイイ話に聞き入ったりと、1日を楽しんでいました。

フェス入り口

フェスの入り口には目立つ筆文字の看板が

フードコート01

今回から新たに設けられたフードコーナーはほとんどが地元朝日町のお店によるもの

ウサヒとジュッキーくん

イベントには桃色ウサヒと蔵王温泉のキャラクター樹氷のじゅっきーも応援に駆け付けました

カミイショータグループ

いよいよフェスの始まり! オープニングアクトのカミイショータグループによる激しいロックチューン

西村勇紀さん

昨年も出演のフォークシンガー西村勇紀さんは、「お客さんに声をかけて貰えて嬉しかった」とコメント

尚高さん02

続いて主催者であり出演者である登坂尚高さんによる演奏。本堂内は沢山のお客さんで盛況です

ダスティン ウォングさん

一度演奏した音をエフェクターで次々にループさせて重ねていくというDustin Wong(ダスティン ウォング)さんの演奏は、ちょっと耳にしたことの無いような新鮮で不思議な音楽

高典さん

休憩を挟んでの後半、はじまりは若宮寺副住職の登坂高典さんによる「ちょっとイイ話」

観客01

途中ほろりと涙をこぼす方もちらほら… 終了後は自然と大きな拍手が

湯川潮音さん

山形で開催したコンサートで主催の尚高さんと知り合ったという湯川潮音さん(中央右)。フェスの前に空気神社や町のダチョウを見に行き感銘を受けたそう

友部正人さん

オオトリの友部正人さん。アンコールに応えてステージへ戻った際には「あと10曲演奏してもいいんだけど…」と笑っていました

入場プレゼント01

入場プレゼント02

当日入場者に配られた缶バッチ。なんと主催の尚高さんが夜なべをして(本人談)手作りしたものだそうです。

目を惹くデザインはポスターやチラシも作成してくれたというイラストレーター、サイトウケイスケさんの手によるもの。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。