ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 朝日川で雪帽子のアート

朝日川で雪帽子のアート

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月22日

1月20日は大寒。暦の上では一年で今が最も寒い時期とされています。

この時期の朝日川では毎年、石の上にこんもりと雪が乗った「雪帽子」が見られます。

平成27年1月22日、その様子を写真に収めてみました。皆さんは何に見えますか?

1

毎年夏に渓流まつりが開かれる立木の朝日川河川公園にて

(右奥は旧立木小の校舎)

2

細長く、2段になった形はまるでお寿司のようでした

3-1

下流に目を向けると、同じような形のものがたくさんありました

3-2

イルカ? カメ? こちらは生き物のよう…

4

帽子の上部はきれいな丸みを帯びていて…

5

100mほど上流の白倉橋に行くと、橋の上から立派なキノコのようなものが見えました

6

雪帽子は積雪量や温度によって日々形を変えていきます。川の近くをお通りの際はぜひ一度車をとめてご覧ください

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。