ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 景観を楽しみながら最上川を下る「最上川縦断カヌー探訪」

景観を楽しみながら最上川を下る「最上川縦断カヌー探訪」

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月1日

001

最上川の景観をゆっくり楽しみながらカヌーで下る「最上川縦断カヌー探訪」が7月30日と31日の両日に開催されました。


 NPO「ブナの森」(長岡昇代表)や大江カヌー愛好会などで組織する実行委員会が主催。今年で4回目となる当イベントは毎年1泊2日の日程で開催し、1日目は変化に富んだ町内雪谷~寒河江市「ゆ~チェリー」のコース、2日目は区間を変えながら約30~50キロずつ、最上川河口の酒田市へ向けて進むプログラムとなっています。

今年は去年のゴール地点である大石田町の大石田河岸(かし)を出発し、尾花沢市猿羽根(さばね)大橋まで到達しました。


 連日晴れの日が続いたためか、川の水量が少なく、一行は幾多の瀬で転覆を繰り返しながら前進。遠くは長野県から31人、24艇が参加し、真夏のまぶしい日差しの下、水上からの景色を満喫していました。  

  

  

   ※町広報は、1日目午前中の雪谷~玉ノ井カヌーランドまでのコースに密着しました

002

 雪谷カヌー公園での開会式の様子

003

 色とりどりのカヌーに…

004

 各自乗り込んだら、いよいよ出発です

005

 五百川橋下のポイント。スタート間もない地点ですが、水量が少なく、転覆する艇も多くありました

006

 八天橋下のポイント。

007

 流れがあり、進むのが楽しいコース

008

 川通のポイント。カラフルなカヌーが静かな水面に映えます

009

 玉ノ井カヌーランド。「タンの瀬」は練習するグループで賑わっていました

010

011

 波に乗り、気分爽快です

012

 一行はここでお昼の休憩。午後は寒河江市へ向かい艇をすすめました

013

 1日目の参加者で記念撮影。遠くは長野県や東京都からの参加もありました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。