ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育文化課 > 平成27年 2月定例会会議録

平成27年 2月定例会会議録

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月1日

教育委員会2月定例会会議録

平成27年2月25日(水曜日)

9時30分から11時00分

創遊館会議室

出席委員

1番 小林 道和 委員長

2番 児珠 孝童 委員

3番 鈴木 良子 委員

4番 五十嵐義一 委員

職務のため出席した者の職氏名

教育長    安藤 昭郎

教育文化課長 松田 勝美

主幹     山口 義博

主査     佐藤  修

課長補佐   長岡  勉(書記) 

1.開  会

教育文化課長の進行により開会及び小林委員長のあいさつ

2.会議録署名委員の指名

4番 五十嵐義一 委員を指名した。

3.前回会議録の確認

委員長が1月定例会会議録について提案し委員に諮るも全員異議なく承認

4.教育長の委任事項の報告

(1)日程的な事項  報告
(2)当面の日程  報告

委員長 2月6日開催の県市町村教育委員会協議会で教育委員会制度改革についての協議は無かったか。

教育長 今回の協議会では制度改革についての協議はなく、各市町村の動きについても情報はない。

委員長 保小連携事業の内容は

主幹 東北文教短期大学奥山准教授を招いて研修会を行った。

委員長 子ども達の交流はあるのか

主幹 先生方の学校や保育園への訪問交流はあるが、子どもの交流はない。事業を行って保育園の先生方の意識が大きく変わってきていると感じている。

課長 本日から創遊館で保育園児の机での学習体験を行っている。ぜひ定例会終了後ご覧いただきたい。

委員長 西村山子ども育成協議会研修会とはどのような内容なのか。

主査 毎年町の子ども育成協議会では研修会を行っているが加盟している上部組織の西村山地区子ども育成協議会研修会が朝日町当番のため町の研修会に合わせ実施するもので、内容は外遊びの研修と考えている。

委員長 上部組織は西村山地区までなのか。

主査 県の組織もある。

5.報告事項

(1)平成27年度朝日町一般会計当初予算について

補佐 別紙資料により説明。

2番委員 図書館費の減額はどのような理由か。

主査 業務内容については今年度と変わらないが、図書館のシステム更新を平成26年度に行ったため、来年度減額になる。

委員長 奨学金の基金会計からの支出とは。

補佐 今年度は基金会計から一部一般会計へ繰り入れをして、奨学金を貸与していたが来年度は基金会計から直接支出することとした。

(2)平成27年度区域外就学の許可について

補佐 別紙資料により説明。

4番委員 福島からの避難者だが住所を異動しない特別な理由はあるのか。

補佐 福島の立ち入り禁止区域の方で、住所を異動しない理由については確認していない。

(3)平成26年度朝日町体育協会表彰受賞者について

主査 別紙資料により説明。

(2)平成26年度朝日町小学校スキー記録会結果について

主査 別紙資料により説明。

6.附議事件

(1)議第16号 朝日町教育委員会委員の辞職について

課 長 別紙議案書により提案した。

委員長 委員に諮るも異議なく承認

(2)議第17号 朝日町教育委員会委員の辞職について

課 長 別紙議案書により提案した。

委員長 委員に諮るも異議なく承認

7.協議事項

(1)朝日町立小中学校の平成26年度卒業式及び平成27年度入学式への参加について

補佐 別紙資料により説明。

(2)3月定例会を3月26日(木曜日)午前9時30分から創遊館で開催することを確認した。

8.その他

(1)第4回管内教育長会議について

教育長 別紙により説明。特に平成26年5月の地方公務員法の改正の「能力及び実績に基づく人事管理の徹底を図る」により、教職員の人事評価(仮称)については、平成27年4月施行で、平成28年度実施となる。東京都などはすでに実施している。町の職員についてもいずれ実施することとなろう。

(2)教育委員会制度改正に伴う総合教育会議や教育委員会の進め方について

委員長 総合教育会議の持ち方について他市町の状況はどのようになっているか。

教育長 他市町村の状況はまだわからないが、総合教育会議については、年3回程度と考えている。

委員長 総合教育会議については、重大事案がある場合を除いて2から3回程度と考える。

教育長 教育委員会の進め方については、教育長が教育委員会の主催者になるが、教育委員会からの委任事項の説明等あるので、会議の進め方については、座長を持ち回るやり方や教育長職務代理者が行う等考えられるが、委員の意見をお聞きしたい。

4番委員 他近隣市町村の状況を確認し実施してほしい。

(2)3月定例議会教育委員会関係の一般質問について

課 長 今回は8名の議員の方から一般質問があります。教育委員会関連の一般質問は以下のとおり。

(1)郷土学習について

(2)中学生の海外交流事業について

(3)次世代リーダー養成塾について

(4)学校現場での認知症についての出前講座の実施について

(5)中学生の冬期間スクールバス利用について

(6)小学校の統合について

(7)奨学金について

委員長 学校統合については小規模校のメリット、デメリットなどをふくめ喫緊の課題として検討する必要がある。

3番委員 郷土学習については、先生方が町について理解する必要がある。

2番委員 スクールバス等の通学について、先に要望があって松程地区を実際に歩いてみたが、小さな子どもには大変と感じた。

委員長 実際に現場を見ることは大切なことである。

以上、協議し、11時00分に2月定例会の会議を閉じた。

閉  会

会議録署名委員 五十嵐 義一  

委 員 長     小林 道和

調整委員     長 岡  勉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。