ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育文化課 > 大沼の浮島(国指定 記念物 名勝)

大沼の浮島(国指定 記念物 名勝)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

大沼の浮島
大沼の浮島

大沼の浮島は、天武帝の9年(681)山岳修験者(しゅげんじゃ)役(えん)の証(おづぬ)によって発見され、弟子覚道により開山されたと伝えられている。
 大沼は浮嶋稲荷神社の境内にあり、面積およそ30,600平方メートルの沼である。湖岸に老木生い茂り、碧水に望み、四面の深緑と相和し仙境をなしている。
 大沼は湖上に島が浮遊する神秘の沼として古来より注目され、近世文人(ぶんじん)墨客(ぼっきゃく)の訪れも多く、特に橘南谿(1754〜1805)の東遊記によって紹介されたと言われている。湖畔には伝説に富む史跡を残し、沼に多くの緋鯉の遊泳する風情はまた格別である。

区分:国指定 記念物 名勝
所有者:浮嶋稲荷神社
所在地:朝日町大字大沼
指定年月日:大正14年10月8日

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。