ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育文化課 > 豊龍神社の大スギ(県指定 記念物 天然記念物)

豊龍神社の大スギ(県指定 記念物 天然記念物)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

豊龍神社(ほうりゅうじんじゃ)の大スギ
豊龍神社(ほうりゅうじんじゃ)の大スギ

豊龍神社境内にあるスギの巨樹である。根周り11m、幹囲7月5日m、高さ20m。直幹であったが、昭和のはじめころ落雷のためにおよそ20mの上部で損失し、さらに昭和54年(1979)3月、夜半の暴風によって、主幹の10m上部が折損した。近年はそれらの影響により、雨水が折損部から樹木内部に浸透し、腐食が著しく進み、樹勢の衰えにより枝折れが毎年発生していた。平成16・17年の2ヵ年をかけ、雨水浸透防止と整形による保護事業を行い、現在は樹勢が戻ってきたと安堵しているところである。
 この大スギは、平安時代、承和(じょうわ)11年(844)延暦寺の僧安恵によって、豊龍神社創建の際、植えられたと言い伝えられている。
 樹齢およそ1200年と推定され、県内でもまれにみる大スギである。

区分:県指定 記念物 天然記念物
所有者:豊龍神社
所在地:朝日町大字宮宿
指定年月日:昭和40年4月12日

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。