ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育文化課 > 木造薬師如来立像(県指定 有形文化財 彫刻)

木造薬師如来立像(県指定 有形文化財 彫刻)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

木造薬師如来立像(もくぞうやくしにょらいりゅうぞう)
木造薬師如来立像(もくぞうやくしにょらいりゅうぞう)

本像は頭・体部を通して、カツラの一材から彫刻した一木割矧造で漆箔を施し、彫眼である。
 頭部は螺髪切子形で、肉髻珠・白毫はあらわさない。右肩・右腕を覆う偏衫(へんざん)の上に、衲衣を偏袒(へんたん)右肩に着す。垂下する左腕は掌を上にして薬壺をとり、右腕は屈臂し、掌を外にして立て五指を開き、やや右足先を開いて直立の形をとる。
 本像の整ったのびやかなプロポーションや衣文の形式は、11〜12世紀の特色を示すが、肩巾が広く、堂々とした正面観を呈する点、顔容にどこか強い調子を残していること、肉髻珠や白毫をあらわさないことなどは、本像がさらに古い様式を残しているとしてよい。地方仏師の手によって、平安後期に造顕されたものと考える。 像高100cm
(写真・説明文は『山形県の文化財』より)

区分:県指定 有形文化財 彫刻
所有者:朝日町新宿区
所在地:朝日町大字新宿
指定年月日:平成5年7月30日

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。