ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総務課 > 朝日町内の活断層上にある町有施設の調査結果について

朝日町内の活断層上にある町有施設の調査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月7日

朝日町内の活断層上にある町有施設の調査結果について

 町では、平成28年熊本地震の発生に伴う県の公共施設の調査結果公表を受け、町を南北に走る「長井盆地西縁断層帯」上にある町有施設について調査しました。

1 調査方法
 国土地理院地図「都市圏活断層図」を使用し、地図上で断層の概ね両脇50メートル以内(※2)に設置されている町有施設を調査しました。
 ※2 断層の両脇の概ね50メートル以内・・・県の調査に準拠

2 調査結果
(1)長井盆地西縁断層帯上の町有施設

番号施   設   名 建築年度耐震化の有無今後の対応
1朝日町エコミュージアムコアセンター「創遊館」平成12年耐震化されているため継続利用
2朝日町民体育館 昭和48年有※1耐震化済のため継続利用
3朝日町公所会館昭和55年未診断使用しない方向
4朝日町第2公所会館昭和52年未診断耐震診断を実施。平成30年に移転予定
5朝日町健康増進センター 昭和60年耐震化されているため継続利用
6さゆりハイツ(A棟)平成26年耐震化されているため継続利用
7さゆりハイツ(B棟)平成26年耐震化されているため継続利用
※1 平成24年改修

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。