ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 政策推進課 > 朝日町協力隊員 ~ 朝日町で活動する若者の日々の暮らしぶりを紹介します ~

朝日町協力隊員 ~ 朝日町で活動する若者の日々の暮らしぶりを紹介します ~

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月7日

 朝日町の農山村集落にどっぷりと身をおき、そこにある暮らしや営みの中で集落のみんなと共に生きる。

 伝統や文化そして知恵と技を体いっぱいに感じて、活かし、楽しむ。

 感動や体験を自分の成長と地域の元気づくりにつなげていく。

 そんな、現代の暮らしの中では味わうことのできない生き方、他人とのつながりがあります。

 朝日町では、まったく違った生活様式や暮らしの中で育った若者を集落が招き入れ、それぞれの想いやテーマを一緒になって話し、動いていく『朝日町協力隊』という事業に取り組んでいます。

 朝日町協力隊員としてがんばっている若者の活動日記を公開していますので、ぜひ覗いてみてください。

朝日町協力隊とは…?

 朝日町には55の集落があります。昔から続くヒトと人、集落同士のつながりがあります。

 それぞれの特徴や事情に目を向け、活かすことで集落の元気づくりにがんばっています。

 このがんばりをもうチョット勢いづけたい、少しでも前に進めようと、新しい刺激や力を求めたくなるときがあります。

 もとからあった暮らしや文化。視点や目線を少し変えてみることでアイディアが生まれる。その気付きを行動に移していくためには、少し背伸びしなければならないときもあります。

 このような力やきっかけがほしい。

 みんなで一緒になって、背伸びし合いながらもがんばりたい。

 こういった集落を応援したいと町はいつも考えています。

 朝日町協力隊は、集落が外部から若者という風を招き入れ、みんなと同じ流れや暮らしの中で、共に汗し動いていく環境をみんなで創っていきます。

 この営みの中からでてくる気付きやアイディア、集落に潜在する力や若者の力を活かしあっていく。これが地域の想いを形にする、ひとつの方法と捉えていきます。

 みんなで一緒になって経験と結果を積み重ねるという、農山村に昔からあった人と社会の関係を活かしあう場は、若者を成長させ、地域の元気をつくり、みんなの想いに即した持続可能な地域社会づくりへとつながっていきます。

 若者と共に地域も成長できる社会をみんなで創造していきたい。

 朝日町協力隊が目指す地域づくり応援の一例です。

 

 朝日町協力隊員のブログ(活動日記リンク)

山本 亜紀(第23期緑のふるさと協力隊)

山本隊員の活動ブログ

Facebook 山形県朝日町協力隊

活動期間

平成28年4月 ~ 現在

活動地域

大沼区を中心に朝日町全体で活動

中村 悠(第22期緑のふるさと協力隊)

中村隊員の活動ブログ

山形県朝日町での暮らっし~

活動期間

平成27年4月 ~ 平成28年3月

活動地域

大沼区を中心に活動

堀口 隆生(第21期緑のふるさと協力隊)

堀口隊員の活動ブログ

緑のふるさと協力隊・朝日町日々雑感

活動期間 

平成26年4月 ~ 平成27年3月

活動地域

大沼地区を中心に活動

森 太介(第20期緑のふるさと協力隊) 

森隊員の活動ブログ 

協力隊の日々

活動期間

平成25年4月 ~ 平成26年3月

活動地域

西部地区(長沼、高田、石須部、白倉、大船木、今平)を中心に活動

大槻 春香(第19期緑のふるさと協力隊) 

大槻隊員の活動ブログ

平成25年度活動ブログ 和合ものがたり

平成24年度活動ブログ Living in Wago 緑のふるさと協力隊@朝日町和合

活動期間

平成24年4月 ~ 平成25年8月

活動地域

和合地区を中心に活動

 朝日町協力隊員設置要綱

 ・朝日町協力隊員設置要綱(PDF:216KB)

 

 リンク

 朝日町協力隊は、特定非営利活動法人「地球緑化センター」の協力を得て、総務省「地域おこし協力隊」の制度を活かしながら、活動環境づくりを行っています。

 ・NPO地球緑化センター 緑のふるさと協力隊

 ・総務省 地域おこし協力隊

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。