ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

産業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

産業の就業構造は、第1次産業就業比率の減少、第2・第3次産業就業者の漸増で推移しています。これまで、農業部門ではりんご生産を中心とした果樹栽培を基幹経営作目として位置づけ、生産性向上に努めてきました。その努力の結果、りんご生産は飛躍的に伸び、品質においては中央市場で日本一の銘柄を確立しています。
平成18年の農業産出額は、31億5,000万円(山形県農林水産統計年報)となっています。
一方、工業部門では、従業員4人以上が15事業所・総数446人、製造品出荷額47億1,718万円(平成22年工業統計調査)となっています。また商業部門では、商店数111店、従業員数376人、商品販売額は49億280万円(平成19年商業統計調査)となっています。
地域の持続的な発展のためには、自立した地域産業の確立が不可欠です。こうした観点から、りんごづくりなど地域の特性を活かした農業の産地力の強化、まちに活力を生み出す産業の創出、地域の宝物を活用した交流・観光の推進にむけた施策を展開し、産業力の向上をめざしています。

朝日町の主な特産品
朝日町の主な特産品

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。