ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 政策推進課 > 第27回アップル町民駅伝競走大会

第27回アップル町民駅伝競走大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年10月11日

 りんごがたわわに実る朝日町の秋の風物詩「町民アップル駅伝競走大会」が平成22年10月10日開催され、出場13チームが町内25キロ、11区間をタスキでつなぎました。

 今年のレースは、まず「中沢・玉ノ井」が序盤の混戦から抜け出し、3区でトップに立つと、6区まで先頭をキープ。しかしその後は優勝候補の「宮宿A」と「大谷風」が本領を発揮。7区で中沢・玉ノ井を抜き去ると、その後は両チームによる一進一退のレースに発展。最後は3秒差でタスキを受けた「宮宿A」アンカーが「大谷風」を逆転し、3年ぶり3回目の優勝を果たしました。

 今年の大会には緑町が初めて、太郎が4年ぶりに出場。参加チームが増えたせいもあり、沿道から送られる声援も一際大きい様子でした。

 

【総合成績】

  1.宮宿A

  2.大谷風

  3.中沢・玉ノ井

  4.チーム前田沢2010

  5.上郷

  6.和合水上

 

【区間賞】

  1区…鈴木貴大(大谷風)

  2区…鈴木明人(チーム前田沢2010)

  3区…五十嵐大義(中沢・玉ノ井)

  4区…布施秀次(宮宿A)

  5区…田川翔平(三中)

  6区…長岡こう司(太郎)

  7区…桜井豊(大谷風)

  8区…白田恵里華(大谷風)

  9区…志藤洋一(中沢・玉ノ井)

  10区…白田信幸(大谷神)

  11区…菅井拓人(宮宿A)

 

 

 

 1.jpg

創遊館前 スタート直後の混戦 最初に抜け出したのは、常盤チーム

 

 2.jpg

栗木沢から大谷小学校へ至る町道を走る3区の走者

前田沢と中沢・玉ノ井がトップ争いを繰り広げる中、宮宿Aが背後から迫ります

 

 3.jpg

4区と5区の中継地点(朝日町ワイン前)でタスキリレーを行う上郷チーム

 

 4.jpg

各チームがエースを投入する7区の能中地内を駆け抜けるのは

大谷風チームの桜井豊選手

ご存知の通り、箱根駅伝ランナーとして今回も大会を盛り上げてくれるとともに、

ぶっちぎりのスピードで首位に立ち、区間賞を獲得しました

 

6.jpg 

稲杭が立ち並ぶ農村風景を駆け抜ける9区の選手

 

 7.jpg

レースの後半には太陽が顔を出し、好天に恵まれました

 

8.jpg 

1位のゴールテープを切る宮宿Aの選手 喜びを全身で表現していました

 

 9.jpg

惜しくも2位となった大谷風チーム

監督やスタッフがアンカーの選手の労をねぎらっていました

 

 10.jpg

閉会式で表彰を受ける宮宿Aチームの監督

 

 11.jpg

大会の入賞チーム(者)のほか、連続出場者も表彰を受けました

25回出場の志藤正利さん(大谷六)が代表で表彰を受けました

 

 12.jpg

宮宿Aチームの優勝は3年ぶり3回目

 参加された皆さん、お疲れ様でした