ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 政策推進課 > 【新刊案内】ブランド図書コーナー

【新刊案内】ブランド図書コーナー

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月27日

朝日町立図書館に「ブランド図書コーナー」をオープンしました。

朝日町のブランド化推進のためには、私たち自身が「学び続けること」が大事です。ぜひご利用ください。

平成26年11月の新刊案内

卓越した技能を持ち、各分野で第一人者とされる人を表彰する「現代の名工」にも選ばれた

「藤井克昭」さんより著書を寄贈いただきました。

patisserie DEFFERT(パティスリー デフェール)

著書

▲寄贈いただいた「藤井克昭」氏メッセージ入りの著書

画 像タイトル内 容
「ご当地もの」と日本人

スイーツの道

~ケーキ屋ほど素敵な商売はない~

ケーキ屋ほど夢を売ることができる商売はない。50年ケーキ屋を続けてきた著者が、パティシエとしてのこれまでのキャリアや、美味しいお菓子作りの基礎知識、ケーキ屋の経営などについて語る。

寄贈著書

▲朝日町ブランド化推進プロデューサー「村尾隆介」が実際に読んでいる本も新たに追加しました。

 「どこを勉強しているのか?」は付箋と線が示してくれます。

平成26年8月の新刊案内

平成26年6月6日に講演してくださいました「篠塚まり」さんより、

その父、元巨人軍の「篠塚和典」さんの著書・関連本を寄贈いただきました。

本

▲寄贈いただいた「篠塚和典」氏メッセージ入りの著書

篠塚まり

▲スポーツ用品メーカー「ミズノ」社の篠塚まり氏 (6月6日ブランド大学の風景)

画 像タイトル内 容
流し打ちの極意
流し打ちの極意
安打製造機こと元読売ジャイアンツの篠塚和典が、スイングのメカニズム、打席での考え方、打率を上げる流し打ち、実践で勝つための技術などを解説する。高校時代からプロ引退までのヒストリーも掲載。
6歳からの広角打法6歳からの広角打法子供の頃に基本の打撃技術を身につければ、近い将来打撃の幅を大きく広げられる。「型か、対応力か」「軸は前足に」「トップで作る手首の角度」ほか、身体が小さくても打てる最巧の打撃倫理と練習法を紹介
地獄の伊東キャンプ地獄の伊東キャンプ1979年秋、長嶋茂雄が、江川、西本、中畑ら若手を連れて決行した巨人の伊東キャンプ。その地獄のような日々を経験した当時の選手たちが、それぞれの心のなかにある伊藤キャンプ、そして心の原風景を語る。
ジャイアンツ80年誌
ジャイアンツ80年史
ジャイアンツ栄光の歴史を紹介。PART.1は、長嶋茂雄監督が退任し、王貞治が引退した後の1981年から長嶋監督復帰前の92年まで、「80年代」を中心に特集。江川卓×西本聖×定岡正二の座談会等も収録。

図書館利用のご案内

>>図書館利用のご案内

図書館

朝日町ブランド化推進プロデューサー「村尾隆介」の著書

朝日町立図書館にて貸出中です。

画 像タイトル一言コメント

だれかに話したくなる小さな会社

だれかに話したくなる小さな会社

とりあえず「サクッと読みたい」という方に
小さな会社のブランド戦略小さな会社のブランド戦略ビジネス書にも「感動を求めたい」という方に
営業部は今日で解散します。
営業部は今日で解散します。
お金をかけずに商品・サービスを広げたい方に
マイクレド
マイクレド
「自分自身のブランドを磨きたい」という方に
仕事ってこういうことだったのか
仕事ってこういうことだったのか
これを読んだら「学生に負けてられない」と思うはず
安売りしない会社はどこで努力しているのか
安売りしない会社はどこで努力しているか?
「安売り」や「価格競争」で悩んでいる方に
あたりまえだけどなかなかできない29歳からのルール
あたりまえだけどなかなかできない29歳からのルール
20歳~40歳の方々で加速を試みたい方に
ビジネスは、毎日がプレゼン。
ビジネスは、毎日がプレゼン。
上手に人前でプレゼンしたいと考えている方に
「変える」は会社の毎日のお仕事
「変える」は会社の毎日のお仕事
会社のイメージチェンジを考えている方に
小さな会社のビジョンのつくり方、浸透のさせ方
小さな会社のビジョンのつくり方、浸透のさせ方
会社の方向性や、その浸透に悩んでいる方に
今より高く売る!小さな会社のブランドづくり
今より高く売る!小さな会社のブランドづくり
ビジネス書を楽しく読みたいという方に
世界で活躍する人が実践している自分の価値の高め方
世界で活躍する人が実践している自分の価値の高め方
今後も職場で「求められる人」であり続けたいと願う方に

 

ブランドに関する書籍

朝日町ブランド化推進プロデューサー「村尾隆介」が実際に読んでいる本をそのまま閲覧できます。

「どこを勉強しているのか?」は付箋と線が示してくれます。

通常の貸出用の本も用意しています。

画 像タイトル内 容
グラフィックデザイングラフィックデザイン2014グラフィックデザインの最新潮流を俯瞰するためのビジュアルブック。150組のグラフィックデザイナーのデザインワークとともに、プロフィールや使用ツール等を紹介する。杉山峻輔らのインタビューも掲載。
グリーンネイバーフッド
グリーンネイバーフッド
身の丈主義ともいえる独特なライフスタイルと、自立しながら連携する風通しの良いコミュニティ感覚。米国オレゴン州ポートランド市の都市再生事例を、豊富な写真とともに紹介する。
私、フラワー長井線「公募社長」野村浩志と申します 私、フラワー長井線「公募社長」野村浩志と申します 小さな駅前で駄菓子屋を開いていた男が、開業以来20年間赤字のローカル鉄道の社長に!?山形鉄道「フラワー長井線」との出会いや「公募社長」としてのスタート、再建への挑戦などをつづる。
買わねぐていいんだ。買わねぐていいんだ。JR東日本でナンバー1を誇る新幹線アテンダントが、販売という仕事をするうえでの考え方や、テクニック、新人教育の方法を紹介。育ってきた環境や幼いころの思い出、支えになってくてた人についても語る。
100年の価値をデザインする
100年の価値をデザインする
フェラーリ、マセラティ、そして新幹線をデザインした世界的デザイナーが、日本の未来を拓く「ものづくり」を説く。個人が世界で活躍するために、日本のものづくり復活のために、数多くの示唆を与える一冊。
田舎力
田舎力
地域おこしの成否は、いったいどこで決まるのか。全国800の農山漁村をまわってきた著者が、「発見力」「ものづくり力」「ブランドデザイン力」「食文化力」「環境力」の5つの力に焦点を当てて検証する。
フェラーリと鉄瓶フェラーリと鉄瓶自動車、インテリア、都市計画などあらゆるジャンルで活躍する日本人デザイナーが語る、「最高の価値」の生み出し方。海外で経験したエピソードや、そこから感じた文化と思想の違い、ものづくりのこれからについても綴る。
商業界商業界(834号)【特集】論より販売 チラシ・DM大賞発表 世界の国から千客万来 店と街を元気にするアトム通貨
山形ガールズ農場!
山形ガールズ農場!
国立大学に通う女子大生が農業に目覚めたキッカケとは? これからの農業に求められるものとは? 女性のみで運営される「山形ガールズ農場」を立ち上げた著者が、生産から販売までを見据えた農場経営の難しさと喜びを綴る。
山形県謎解き散歩
山形県謎解き散歩
平安時代の出羽国府はどこにあったか? 押出遺跡は、なぜ縄文時代のタイムカプセルか? 蔵王の樹氷はどうしてできるのか? 歴史、史跡、民俗、自然、文化といった分野別に山形県の謎を解き明かす。
平田牧場「三元豚」の奇跡
平田牧場「三元豚」の奇跡
日本一美味い豚肉をつくりたい! たった2頭から始まって、いまや年間20万頭・年商200億円へ。「安全な旨い豚」で日本の食を変えた著者が、平田牧場の半世紀の歩みを綴る。
「ご当地もの」と日本人

【NEW】

「ご当地もの」と日本人

里山資本主義

【NEW】

里山資本主義

休眠資産を再利用することで、原価0円からの経済再生、コミュニティー復活を果たす「里山資本主義」。安全保障と地域経済の自立をもたらし、不安・不満・不信のスパイラルを超えるバックアップシステムを提言する。
「ご当地もの」と日本人

【NEW】

「マエストロ、それはムリですよ‥」

観客動員数180%増! 地方の一オーケストラに過ぎなかった山形交響楽団はどう変わったのか。楽団員や事務局から「それはムリですよ…」と言われながらも改革を進めた音楽監督・飯森範親の手腕とオーケストラの真実に迫る。
「ご当地もの」と日本人

【NEW】

神山プロジェクト

「ご当地もの」と日本人

【NEW】

神山プロジェクト

規制改革で日本農業は救われるのか? 現役の“百姓”が、カネ、ムラ、環境、自由化について論じる。『地上』連載「農のダンディズム考」から44編を選び書き下ろしを加えて単行本化。
「ご当地もの」と日本人

【NEW】

しなやかな日本列島のつくりかた

商店街、限界集落、観光、農業、医療、鉄道、まちづくり…。地元から奇跡が始まっている! 地域振興について研究を行う著者と、日本を再生させる7人の“現智”の対話集。『新潮45』掲載に一部加筆・修正して書籍化。
「ご当地もの」と日本人

【NEW】

つや姫~10万分の1の米

10万分の1粒が生んだ、コシヒカリを越える米。山形県庁、JA・生産者が一丸となった、新ブランド米誕生までの軌跡!!
「ご当地もの」と日本人

【NEW】

市民の力で東北復興

市民が官・企業と協同する力をつけ、組織運営の最前線に立つ! 「ボランティア山形」による東日本大震災支援活動の記録。震災から学んだこと、災害ボランティアのあるべき姿、行政との提携のあり方などを4人の理事が語る。

 

関連リンク

あさひまちブランディングプロジェクト・ホームページ

村尾隆介氏公式ウェブサイト

村尾隆介氏公式facebook

学生参加のプロジェクト~Asahi-machi Branding CAMP~facebook

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。