ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月5日

マイナンバー制度が始まります

2016年(平成28年)1月1日より、新規申請時、6月の現況届提出の際に個人番号の記載が必要となります。
ご申請の際には、請求者、配偶者の個人番号の分かるもの(個人番号カード、個人番号通知カード)と請求者の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)を合わせてお持ちください。
子ども 児童手当の趣旨制度のあらまし児童手当の手続き

児童手当の趣旨

   児童手当は、家庭等における生活の安定に貢献するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に役立てる制度です。 

 児童手当リーフレット [PDFファイル/392KB]

 

▲このページの先頭へ 

制度のあらまし

   児童手当は、0歳から中学校修了前(満15歳になった後の最初の3月31日まで)の子どもを養育している方に支給されます。
   子どもを養育している方のお住まいの市区町村(公務員の方は勤務先)において、受給資格を認定のうえ、お支払いします。

   お支払いは、原則として年3回(6月・10月・2月)で、それぞれの前月分までが支給されます。(原則として口座への振込となります)

 

支給額及び支払い時期

 子どもの年齢

児童手当月額

支給時期

3歳未満

  一律 15,000円

 

  6月10日(2・3・4・5月分)

 10月10日(6・7・8・9月分)

  2月10日(10・11・12・1月分)

 ※10日が土・日・祝日の場合は

  その直前の営業日

 

 3歳以上小学校修了前

 10,000円

(第3子以降は15,000円)

 中学生

   一律 10,000円

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

 所得制限については、児童手当リーフレット [PDFファイル/392KB]をご覧ください。

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

▲このページの先頭へ

 

児童手当の手続き

提出を必要とするとき

届出の種類

必要な添付書類等

出生や転入等により新たに受給資格が生じたとき

認定請求書

【全員必須】

●マイナンバーの確認に必要な書類(番号確認書類と身元確認書類) [PDFファイル/102KB]

●印鑑

●通帳の写し(請求者名義)

●請求者の健康保険被保険者証の写しまたは年金加入証明書

【状況に応じて必要なもの】

●町外から転入してきたとき

→転入元の住所地の市町村が発行する前年分の児童手当用所得証明書(請求者及び配偶者のもの)

●児童が請求者と別居しているとき

→・別居監護生計同一申立書

    ・別居している児童の個人番号確認書類(個人番号カードまた は通知カードまたはその写し)

    ・別居している児童の世帯全員の住民票謄本

    

 毎年6月

現況届

【全員必須】

●マイナンバーの確認に必要な書類(番号確認書類と身元確認書類) [PDFファイル/102KB]

●印鑑

●請求者の健康保険被保険者証の写しまたは年金加入証明書

【状況に応じて必要なもの】

●町外から転入してきたとき

→転入元の住所地の市町村が発行する前年分の児童手当用所得証明書(請求者及び配偶者のもの)

●児童が請求者と別居しているとき

→・別居監護生計同一申立書

    ・別居している児童の個人番号確認書類(個人番号カードまた  は通知カードまたはその写し)

    ・別居している児童の世帯全員の住民票謄本

他の市区町村に住所が

変わったとき

支給事由

消滅届

●印鑑

なお、転入先の市区町村で引き続き児童手当を受給する場合は「認定請求書」の提出が必要です。転出予定日の翌日から15日以内に申請してください。

出生等により対象となる子どもが増えたとき

額改定認定請求書

●印鑑

年齢要件等により対象となる子どもが減ったとき

額改定届

●印鑑

年齢要件等により対象となる子どもがいなくなったとき

支給事由

消滅届

●印鑑

受給者が公務員になったとき

支給事由

消滅届

●印鑑

同じ市区町村の中で住所が変わったとき

住所変更届

●印鑑

受給者や子どもの氏名が変わったとき

氏名変更届

●印鑑

振込口座の変更を希望されるとき口座変更届

●印鑑

●変更した通帳の写し(請求者名義)

受給者・配偶者・児童の個人番号を変更したとき個人番号変更等申出書

●印鑑

変更する者の変更前と変更後個人番号を提示していただきます。

離婚等により配偶者等の個人番号を消滅させるとき個人番号変更等申出書

●印鑑

●配偶者等の個人番号を提示していただきます。

婚姻等により配偶者等の個人番号を新たに登録するとき個人番号変更等申出書

●印鑑

●配偶者等の個人番号を提示していただきます。

 

 

▲このページの先頭へ