ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康福祉課 > 特別児童扶養手当

特別児童扶養手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月5日

マイナンバー制度が始まります

2016年(平成28年)1月1日より、新規申請時、額改定請求の手続き、所得状況届の提出時には請求者と配偶者、児童、扶養義務者の個人番号の記載が必要となります。
ご申請の際には、請求者と配偶者、児童、扶養義務者の個人番号の分かるもの(個人番号カード、個人番号通知カード)と請求者の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)を合わせてお持ちください。

対象

 精神または身体に障がいを持つ20歳未満のお子さんを在宅で養育している方に手当が支給されます。
 ただし、所得制限があります。

※障害程度の判定は、所定の診断書に基づき、手当の審査医が行います。

親子

 朝日町に申請し、県知事の審査・決定を経て支給されます。

<パンフレットのダウンロード>

特別児童扶養手当のしおり [PDFファイル/133KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。