ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康福祉課 > 母子父子寡婦福祉資金貸付制度

母子父子寡婦福祉資金貸付制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月5日

マイナンバー制度が始まります

2016年(平成28年)1月1日より、申請書に個人番号の記載が必要となります。
ご申請の際には、請求者と児童の個人番号の分かるもの(個人番号カード、個人番号通知カード)と請求者の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)を合わせてお持ちください。

母子父子寡婦福祉資金貸付制度

母子

母子父子寡婦福祉資金貸付制度は、母子家庭又は父子家庭の方の自立支援のための貸付制度です。
申請されても審査により貸付けできない場合があります。
将来ご返済いただく制度ですので、無理の無い借入・返済計画を立てて下さい。

朝日町に申請し、県知事の審査・決定を経て貸付されます。
 くわしくはお問い合わせください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。