新型コロナウイルスワクチン小児接種(5歳~11歳接種)について

新型コロナワクチンの小児接種(5歳~11歳接種)については、国の方針に基づき、下記のとおり実施する予定です(令和4年3月1日時点)。接種を希望する方は、本内容をお読みになり接種日程をご予約ください。

接種対象者

接種日時点で5歳から11歳までの町民の方

接種期間

令和4年3月25日~令和4年9月30日

接種回数・費用

2回・無料

※1回目の接種から3週間の間隔を開けて、2回目の接種となります。

ワクチンの種類

ファイザー社小児用ワクチン

※1  12歳以上のファイザー社ワクチンとは有効成分の量などが異なります。

※2  ワクチンの種類とその安全性については、下記の新型コロナワクチンに関する関連情報をご覧ください。

接種時の持ち物

1.接種券付き予診票

2.お子さまの身分証明書

3.母子健康手帳

4.お薬手帳(お持ちの方のみ)

注意事項

・新型コロナワクチン小児接種(5歳~11歳接種)は12歳以上のワクチン接種とは異なり、接種をすることが任意となっているため、ワクチンを接種するメリット(ワクチンの有効性等)とデメリット(接種による副反応等)の双方について理解し、保護者の方とお子さまの意思で受けていただきます。

・国では慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等重症化リスクの高い基礎疾患を有する方の接種を推奨しています。接種については、あらかじめかかりつけ医等によく相談の上接種してください

・小児用ファイザーワクチンは5歳の誕生日の前日から、12歳の誕生日の前々日までの期間で接種が可能です。ただし、11歳のお子さんが1回目に小児用ファイザーワクチンを接種し、2回目接種までの間に12歳になった場合も1回目と同様小児用ファイザーワクチンを接種することになります。

接種時年齢 1回目ワクチン 2回目ワクチン
5~11歳 小児用ファイザーワクチン 小児用ファイザーワクチン
1回目接種時11歳、2回目接種時12歳 小児用ファイザーワクチン 小児用ファイザーワクチン
12歳以降 12歳以上用ワクチン 12歳以上用ワクチン

 

接種当日は必ず保護者の方が1名同伴してください。

・接種の際に、お子さんの体調が優れない場合やお子さんが接種の際に暴れたり等により安全に接種できない場合は医師の判断により接種ができないことがあります。

お子さまの基礎疾患について

日本小児科学会が公表しているお子さまの基礎疾患は以下のとおりです。

 

(1) 慢性呼吸器疾患(慢性呼吸器疾患、気管支喘息(コントロール不良の難治性喘息))

(2) 慢性心疾患(先天性心疾患、後天性心疾患、心筋疾患、不整脈、肺高血圧、冠動脈疾患)

(3) 慢性腎疾患(慢性腎疾患、末期腎不全、腎移植)

(4) 神経疾患・神経筋疾患(脳性麻痺、難治性てんかん・神経疾患、染色体異常症、重症心身障害児・者、神経発達症)

(5) 血液疾患(急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、ランゲルハンス細胞性組織球症、血球貪食症候群、慢性骨髄性白血病、再生不良性貧血、先天性好中球減少症などの骨髄形成不全、造血幹細胞移植後半年以降、原発性免疫不全、溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病)

(6) 糖尿病・代謝性疾患(アミノ酸・尿素サイクル異常症、有機酸代謝異常症、脂肪酸代謝異常症、糖質代謝異常症、ライソゾーム病、ミトコンドリア異常症)

(7) 悪性腫瘍(小児固形腫瘍)

(8) 関節リウマチ・膠原病(リウマチ性疾患、自己免疫疾患、自己炎症性疾患、血管炎症候群)

(9) 内分泌疾患(副腎機能不全、下垂体機能不全など、甲状腺機能亢進症)

(10) 消化器疾患・肝疾患等(炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)、胆道閉鎖症(葛西術後)、肝移植、小腸移植後、自己免疫性肝炎、原発性硬化性胆管炎、肝硬変、肝不全、短腸症)

(11) 先天性免疫不全症候群、HIV感染症、その他の疾患や治療に伴う免疫抑制状態

(12) その他の小児領域の疾患等(高度肥満、早産児、医療的ケア児、施設入所や長期入院の児、摂食障害)

町内における接種会場・接種日程について

接種の日程は、基本的に1回目接種日と2回目接種日はセットとなります。

接種会場:朝日町開発センター

今後の接種日程は、下記のとおりです。

1回目接種日 2回目接種日 集合時間
令和4年7月25日(月曜日) 令和4年8月19日(金曜日) 13時00分
令和4年9月5日(月曜日) 令和4年9月30日(金曜日) 13時00分

※予約の受付は、令和4年7月4日(月曜日)からとなります。

接種の予約について

接種するには、事前に予約が必要です。

【1回目の接種予約について】

1回目の予約は、ご自身でインターネットまたは電話にて予約をしていただきます。

インターネットでの予約の変更や予約のキャンセルは接種予定日の2日前の16時まで可能です。それ以降の変更やキャンセルは直接電話にて朝日町新型コロナワクチン対策室までご連絡ください。

【2回目の接種予約について】

2回目の予約は1回目の接種後に朝日町新型コロナワクチン接種対策室が行いますので、手続きは不要です。2回目の予約の変更はできませんので2回目接種日に体調不良の場合はご相談ください。

【ワクチン接種の予約】

下記にアクセスして予約してください。

ワクチン接種の予約について

ご予約のキャンセルについて

やむを得ず予約をキャンセルする場合は、分かり次第必ず予約のキャンセルの連絡をお願いします。なお、インターネットからの予約申し込み、変更、キャンセルは、接種日の2日前の午後4時までです。それ以降は、必ずご連絡をお願いします。

小児接種(5歳~11歳接種)接種券付き予診票(例)

A4サイズ / オレンジ色の紙

新型コロナワクチン接種の予診票

健康被害救済制度について

ワクチン接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等)を受けることができます。

ワクチンの副反応や医学的知見に関する相談窓口

山形県コールセンター 0120-567-690 (フリーダイヤル)

8時30分~18時 土日祝日も実施

 

厚生労働省コールセンター 0120-761-770 (フリーダイヤル)

9時~21時 土日祝日も実施

新型コロナワクチンに関する関連情報

[厚生労働省】

【ファイザー社】

【日本小児科学会】

この記事に関するお問い合わせ先

新型コロナワクチン接種対策室

〒990-1442
山形県西村山郡朝日町大字宮宿1115
電話番号:0237-84-7755 ファックス番号:0237-67-2117

お問い合わせはこちら

このページに対するご意見をお聞かせください。
この情報をすぐに見つけることができましたか?
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすいものでしたか?

朝日町役場へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。

更新日:2022年06月16日