児童扶養手当

対象

 離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童(18歳になった年度末まで・障がい児は20歳まで)を養育している父または母や父母に代わって養育している方に手当が支給されます。
 ただし、所得制限があります。

 父または母が一定の障がいの状態にある場合も支給されます。

 朝日町に申請し、県知事の審査・決定を経て支給されます。

お知らせ

  • 平成22年8月1日より、父子家庭にも支給されるようになりました。
  • これまでは、老齢・遺族・労災・障がい年金などの公的年金を受給できるときは、児童扶養手当は受給できませんでしたが、平成26年12月から、公的年金額が児童扶養手当額より低い場合は、その差額を受給できるようになりました。

マイナンバー制度が始まります

2016年(平成28年)1月1日より、新規申請時、額改定請求の手続き、支給停止関係届等の提出時には請求者と児童、扶養義務者の個人番号の記載が必要となります。
ご申請の際には、請求者と児童、扶養義務者の個人番号の分かるもの(個人番号カード、個人番号通知カード)と請求者の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)を合わせてお持ちください。

パンフレットのダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 福祉子育て係

〒990-1442
山形県西村山郡朝日町大字宮宿1115
電話番号:0237-67-2132 ファックス番号:0237-67-2117
お問い合わせはこちら

更新日:2019年05月30日